Translate

2016年1月17日日曜日

今年選挙権が発生する皆さんへ

大人やNHKのいうこと
を信じちゃダメですよ!

NHKは「日本は借金大国」「あなた方はその借金を背負わされている!」と言いますが、それって「真っ赤なウソ」だよ〜!

君たちは国のお金で700万円以上のお金を借りましたか?

君たちは「国のお金」で家や車やスマートフォンを買いましたか?

「原発危険!」だと言われていますが、「何が危険なのか」を知っていますか?

日本は「貧乏」な国なのか?
本当に「貧乏」ならば「何故」よその国に「支援」するのか?

NHKはそれらの疑問点をみんなに「伝えようと」していないのです。

マスコミも同様ですが、みんなに「都合の悪い事」は言いたくないのです。


【日本の借金とは・・。】

日本の借金「1000兆円」ってなんだろう?

これは日本政府が発行した「日本国債」の発行額が1000兆円になったということです。
ということはこの「1000兆円の借金」は「日本政府の借金」であって、「日本国民の借金ではない」ということです。

「でも本当に払えなくなったらどうするの?」
不安ですよね!

県や市町村では「借金」がかさむとそれらの「税制」でしか「お金」を返すことが出来ないので「大変」になります。

でも1000兆円もの借金を持つ「日本政府」にはそれら市町村にはない「もの」があります。

日本政府には「通貨発行権」と言うものがあります。

「お金」(1万円札)を創りだす権利があるのです。
日本政府だけに許された「打ち出の小槌」を持っているのです。

ここまでは分かりましたか?

ではこの「1000兆円の借金」って「誰から借りたの?」

これって「NHK 」は絶対に答えません。
何故って「国民に都合が悪いから」なのです。

【「誰から借りたの?」】

それは「銀行」、「郵便局」から借りたのです。ここまではなんとなく理解出来ますね。

では、「銀行」や「郵便局」は1000兆円ものお金を自力で調達することはありません。
「誰か」らかお金を借りてそのお金で「国債」を買っているのです。

「日本政府の借金1000兆円」は国民の汗で作り上げた「貯蓄」の総額なのです。

その「貯蓄額」が1000兆円を超えたからと言って「何が問題」なのでしょうか?

「借金を返す事」は銀行から貯蓄(現金)が帰ってくる事を意味します。
あなたの家に銀行並みの「金庫」がありますか?
それって「迷惑」ですよね。


「1000兆円もの借金」
を背負わされた若者が大切な「お金」を使ってスキーやスノボーを楽しむ事はできなないよね!



「若いんだから」将来の「国の借金」を気にせず、大いに「人生」を楽しんで欲しい!!


最後にこの人に「語って」もらいましょう!!



その楽しむことが「明日の日本」を救うのです!


もっと、もっと「楽しめ!!、若者!!」


0 件のコメント:

コメントを投稿