Translate

2012年6月4日月曜日

野田改造内閣が発表!

【別にどうでもいいこと・・・。】


別にどうでもいいことではあるが2大臣の問責決議を受け、小規模の内閣改造人事を行なった。

消費税増税に向けて一歩前進とマスコミは発表しているが、私はそう思っていない。


【民主党の最大の目標】


民主党政権の最大の目標は総選挙で勝つ事である。とすれば、多くの国民が反対している「消費税増税」をするはずがない。
かと言って簡単に消費税増税を廃案に持ち込んでも、急落した民主党政権の支持回復には繋がらない。 その程度では「国民」はもう騙せないのである。

【小沢民主党の戦略】


 ①野田克彦は「悪役」として徹底的に「消費税増税」に取り組む。
 ②自民・公明との協議を重ね「特例公債法案」を成立させる。
 ③野田VS小沢の対立を演出、事実上の「消費税増税の棚上げ」をし、民主党の代表選挙で「小沢一郎」が民主党の代表に選ばれる。

野田=悪役、小沢一郎=国民的ヒーローの筋書きが完成する

 ④参議院の通常選挙に合わせ衆議院を解散し衆参同時選挙に持ち込む
 
上記のことから「小沢一郎」は絶対民主党を離党しない。全ては筋書き道理の流れである。

衆議院では圧倒的多数を誇る民主党も参議院では手が出せない。

逆に自民・公明は参議院で多数を誇るが、解散権を持たない「自民党・公明党」にとってはどうしても衆議院を解散に追い込みたいのも事実である。

そもそも「自民党」が「消費税増税」を促し、民主党を内部分裂に追い込み、解散させる腹積もりであった為、自民・民主ともども「消費税」を増税する気などなどはなっからないのである。

ここに来て自民党は「デフレ脱却」に向けて動き出した。 民主党は「マスコミ」(朝日新聞など)を利用して土建国家再来などという「プロパガンダ」を行うことは慎むべきである。
自民党は姑息な手段で民主党を追い詰めるのではなく、正攻法(デフレからの脱却)で政治をしてほしいものである。


0 件のコメント:

コメントを投稿