Translate

2012年8月30日木曜日

20年で撤去のメガーソーラ

【自然エネルギーで脱原発は出来ない】

脱原論者に言わせると原発の代替エネルギーは太陽光・風力などの自然エネルギーである、と言う間違った論調が目立ちます。

【太陽光・メガソーラ】
いま、日本各地で建設が進んでいるメガーソーラーは一体何のために建設されているのでしょうか?
「脱原発のため」、「地球環境のため」でしょうか?

「ブーッ」、違います。
答えは一つ。
金儲けのため」なのです。

ソフトバンクなどはソーラパネルを設置する土地を20年間という期限付きで借りているのです。(なぜかといえば、土地を購入すると高くつくからです。)

20年経つと賃貸契約は終了します。 となると太陽光発電業者はソーラーパネルを撤去して以前のように更地にして地権者に返さなければなりません。

【20年経つとメガソーラーは消えてなくなる】
なぜ20年と言う期限を設けたのでしょう?
(50年、100年でも良かった筈ですが・・・。)

これは今年7月から始まった「全量買取制度」が売電を始めてから20年と決められているからです。20年経つとこの電力は電力会社が高値(42円/kwh)で買ってくれません。

電力会社にもっと買わせれば住むこと、だと思っていませんか?

現在の電力コストは8円前後です。太陽光発電の買取価格は42円。差額34円は電力会社が負担するのでしょうか?

違います

我々国民が負担しなければなりません。
「再エネ賦課金」という名目で電気料金に加算されます。

恐らくは3年以内に電気料金は2倍程度になると思われます。

20年後に消えてなくなる「メガソーラー」の為に20年以上も無駄な電気料金を払わなくてはなりません。

その上、脱原発をしてどうやってエネルギーを確保するのでしょうか。


0 件のコメント:

コメントを投稿