Translate

2012年11月1日木曜日

最悪!メガソーラーバブル!!

【土地バブルよりもたちが悪い】

メガソーラバブルが加速しています。
前回の「不動産バブル」は土地が高騰して土地が買えなくなりましたが、その一方で給料(所得)も同時に上がったため、国民の経済はさほど影響がありませんでしたが、その後に来た「デフレ」経済で日本経済は20年間苦しんできました。

今回の「メガソーラーバブル」は国民の所得は一切増加することなく、世界一の「電気料金」を国民が負担しなくてはなりません。
それが23年間続くのです。

電気料金は3年間で2倍に跳ね上がります。

「デフレ」経済で給料(所得)が上昇しません。その中で電気料金が2倍になるとどういう社会がくるのか?

想像するだけでも気が狂いそうです。

間違いなく大規模な「スタグフレーション」が発生します。

このメガソーラーバブルの弊害は来年から発生します。

これは「固定価格買取制度」を導入した「菅直人」の責任であり、世界一高い「買取価格」を設定した民主党の「枝野経産大臣」であり、私利私欲まみれのソフトバンク「孫正義」である事は間違いありません。

0 件のコメント:

コメントを投稿