Translate

2012年12月26日水曜日

捏造報道に立ち向かう!!.

【Google+(SNS)を使って立ち向かう】

財務省NHK,新聞社はSNSGoogle+フェイスブックツイッター)を悪用して国民を騙し続けています。
それらの捏造報道に対抗するには「同じ土俵」で真っ向から対決する事が必要となります。

「Google+」はGoogleが開発したSNSでツイッターやフェイスブックの欠点を克服したもっとも新しい「SNS」の一つです。
 
2名~無限大(一般公開)と送信先の限定が選択出来るのが最大の特徴です。また、webカメラを利用した最大10名とのTVチャット(TV会議システム)なども無料で利用できる(ハングアウト機能)高機能SNSです。(詳しくはGoogleのホームページを御覧ください)

今回は世界中に同時に流れる「一般公開」について簡単に説明します。
Google+」は「フェイスブック」と同じように実名主義を持ちています。この部分で明らかに名前でないと警告を受けます。ツイッターのようにハンドルネームだけでの投稿はできません。ただしプロフィールの公開・非公開(名前はムリ、電話番号、住所、生年月日等のプローフィールは非公開にできます)
また「フェイスブック」に見られる「年齢制限」(14歳以上)はありません。

財務省」や「NHK」がほぼ毎日利用しているのは、この「一般公開」です。この「一般公開」は日本のみならず米国や世界中に発信されます。その為、膨大な量の投稿が24時間投稿されます。その為、これらのコメントはツイッターの投稿のように「流れ」ており、時間が経過すると消えてなくなります。(これはTVと同じです)なのでNHKや「財務省」はほぼ毎日、同じ時間に投稿してきます。

【1日(24時間)の流れ】

 「Google+」の「一般公開」のタイムラインを図に示しました。 昼間は「AKB」の投稿が主になります。夜間は時差の関係で海外(米国が主)が増加します。
「NHK」が多いのは14時前後です。これは19時30から始まる「クローズアップ現代」の宣伝を行うためです。
財務省」の投稿が多いのは18時以降が多いようです。

この時間帯を目指して「NHK」や「財務省」の捏造報道を国民に訴えて行きましょう。
また「NHKドキュメント」「ニュースWEB24」などで見られる「国民に信を問う!」などのツイッターの投稿も「やらせ」がいっぱいです。これらの番組にも積極的に「投稿」して回線をパンクさせましょう!
 
NHKに批判的な意見を採用してくれるとは思えません。なので回線をパンクさせる程度の投稿をして彼らを困らせましょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿