Translate

2015年4月1日水曜日

ガソリンスタンド革命!!「ハイブリッドGS」

【ハイブリッド型GSの勧め】

日本の政府やマスコミ「水素自動車」を多額の税金を使い 普及に「躍起」になっていますが、その「ミライ」は決して「明るい未来」ではないみたいです。

「電気自動車」社会が普及すると「ガソリンスタンド」は「消滅する。」「だから水素だ!」
というのが「日本政府」「米国石油業界」の本当の狙いです。

「水素スタンドは5億」
という建設費を要します。これは新規にスタンドを建設した場合であり、既存の埋設タンクのあるガソリリンスタンドには安全対策や埋設タンクの撤去など更に膨大な「出費」が予想されます。政府が「補助金」をだすといっても「全額」負担してくれる訳ではありません。
既存の「ガソリンスタンド」が水素ステーションを展開した場合 数億円「借金」を抱えることになります。
この借金を一体何年の「ローン」を組んで支払えば良いか?
しかも肝心の「水素自動車」が今のガソリン車同様に「普及」しなければ「水素」を買ってくれる人がいないのです。


水素自動車「ミライ」がよく「売れている」ニュースを最近よく見かけます。
こういったニュースは基本的にCMです。企業や団体が売上向上を狙って「記者会見」を行い無料でニュースに取り上げてもらうという意図があります。

【鴨(狙い)はガソリンスタンド】
高額の「水素ステーション」多額の借金を既存のガソリンスタンドに負わせ、「自分たち」(石油業界、水素業界、銀行)の利益獲得の為に利用しようというのが「彼ら」の狙いなのです。

「電気自動車」が普及するとあなた方「ガソリンスタンの経営者」仕事を失い、「大変なこと」になりますよ!
だから多額の借金を背負ってでも「水素ステーション」のスタンドに変更してください。 お金は「銀行」がいくらでも貸します。「日本政府」が補助金出します、「保証人」になります、様々な「規制」(消防法の規制)も緩和します、『さあ、どうです、じゃんじゃん「借金」して「水素ステーション」を作ってください!!』

「鴨は経営に苦しむガソリンスタンドなのです。


【ハイブリッド型GSの勧め】
ガソリンスタンドの正しい「未来」
があるとすれば、「ハイブリッド型のGS」への移行がもっとも現実的「未来」のある選択だといえます。



【電気自動車は避けては通れない事実】
 社会的な背景(経済、環境)問題からも「電気自動車」は避けては通る事は出来ない事実です。

「じゃ、ガソリンスタンドは見捨てるのか?」
ガソリンスタンドで働いている人々の暮らしはどうなっても良いのか?」

今回のブログの最大のテーマです。

【ハイブリッド型GS】
簡単に言うと「急速充電器」
ガソリンスタンド?
を設置したガソリンスタンドです。

既存のスタンドに一台「急速充電器」を設置するだけこの「ハイブリッドGS」は誕生し
ます。
 【普通のガソリンスタンド?】
我が家の近くにあるガソリンスタンドをベースに「スケッチアップ」で作成したものです。

基本的に既存の「ガソリンスタンド」と同じです。
 ただひとつ違うところは洗車器終了後の室内を掃除するスペースに「急速充電器」があることぐらいです。



【設備投資が最少】
この「ハイブリッド型GS」の特徴は「水素ステーション」のように「莫大な借金」を背負わなくても対応が簡単に出来ます。
現行の「急速充電器」は変電設備(キュービクル)を設置した場合でも400万円以下で設置出来ます。

新車一台分で「ハイブリッドGS」は実現できます。
 水素ステーションのような多額の設備投資をしなくて済みます。

【何がどう変わる?】
「ハイブリッド型GS」が普及するとどういった変化があるでしょうか?
・電気自動車の普及が加速します。
・ガソリンスタンドの利用が減少します。
・ガソリン車が減少します
・家庭用充電設備の設置が増大します
・電力利用料が増大します
電力需要が増大し、電力コストが低減、家庭ないの「オール電化」がいっそう加速します、などなどガソリンスタンドの環境はますます厳しくなるでしょう。

例え「電気自動車」が普及して「急速充電器」が増大しても基本的には家庭(自宅)」での「普通充電」(夜間)が基本となり、「ガソリンスタンド」での急速充電の利用は「限定的」である事は間違いありません。
【電気自動車社会こその成長戦略】
「電気自動車」が普及すると「ガソリン」など「ガソリンスタンド」にとって「減少」するものが増加しまよね。
ですが「電気自動車」が増加して「需要が拡大」するものも「多く」あるのです。

「電気自動車」が増えるのは当たり前ですが、「家庭用の普通充電設備」「設置工事」も増加します。

電気自動車が売れれば売れるほど「この家庭用充電ボックス・取り付け工事」が発生します。
また、電力会社との「夜間電力」の契約取次も増加します。

「自動車」に詳しい「近隣のガソリンスタンド」電力会社の販売・工事の優先的指定を受ければ「ガソリンスタンド」の今後20年〜30年の間は「安泰」です。

アパートなど借家に住んでいる人は「家庭用普通充電器」は設置困難ですからその人達には急速充電器で対応すればいいのです。ガソリン車も減少はありますが「レンジエクステンダー」など消費量もただちにゼロにはなりません。

「電気自動車社会」が訪れたからと言って全然悲観的になることは有りません。
くだらない「脱原発運動」をやめて「電力会社・電気自動車」と上手に付き合っていくことこそ「未来」の「ガソリンスタンド」のあるべき姿だと考えます。

「ガソリンスタンドが立ち上がれば「電気自動車」の社会は必ず訪れます。

本当の意味で「地球に優しい社会」が訪れるのです。






0 件のコメント:

コメントを投稿