Translate

2016年2月2日火曜日

左足ブレーキは「死」への旅立ち!!

【ブレーキの踏み間違い】
ほぼ毎週のように話題になる「ブレーキの踏み間違い事故」。

この「事故の原因」皆さんは分かりますか?

「オートマチック車両の左足ブレーキなのです。」


1・左足でブレーキを踏みます。

2・当然、右足はアクセルペダルを「踏んだまま」です。

3・車が止まると「慣性の法則」で体は前に動きます。

4・その反動で「足で踏ん張る」動作を行います。ブレーキはますます強く踏まれ、体が更に前に動きます。

5・右足も左足も全力で「踏ん張ろう」とします。

6・右足で「踏ん張る」と「アクセル全開」になり、「車」は「フルパワー」になります
しかも「ローギヤ」です。


NHKの人気番組「今夜も生でさだまさし」のキャスターの「さだまさし」もこの事件に触れ、
「右はアクセル」「左はブレーキ」。これだと「絶対に間違わない!!」

「NHKの電波」を使って発言していました。

が、最近の車は「パワー」があるので「アクセル」と「ブレーキ」を同時に踏むとどうなるのか?

公人として「発言」には気をつけてください。

この事故はマニュアル車だけの時代にはおこらなかった事故です。

「警察」も「自動車メーカー」も事故の科学的な検証を行うべきです。

「左足」では絶対に「ブレーキペダル」が踏めないように「ペダル」は小さめ、「左足用フットレスト」を設置し、テレビなどに「左足ブレーキ」は使わないように指導するだけでこの交通事故は「激減」すると思われます。




0 件のコメント:

コメントを投稿