Translate

2012年11月30日金曜日

原発は危険!!


日本国民のほとんどは「原発=危険」、「地震が来たらすぐに壊れる極めて危険な電源」という認識が強い。
大阪の「橋下市長」が始めたこの「脱原発運動」が今回の選挙の最大の争点になってしまった。
各地の原発で行なっている「20メーター級」の巨大津波堤防世界最高水準地震・津波対策を電力会社が進めていることを国民は知らないし、知らされていません。
また、各地で急ピッチで開発が進んでいる「メガソーラー」ですがこれらは全て「電気料金」に加算されることを「国民」は知らされていません。
月100円程度の値上げで済むと思っているが実はそうでないのです。

今年の7月からすでに電気料金に加算されている「再エネ賦課金」は「メガソーラー」が増えるたびに加算されていくのです。

結果3年後には「電気料金」は50%も上昇するのです。

これは「原発を再稼働しよう」が「脱原発しよう」が「避けられない事実」なのです。

この世界一高い全量買取制度を決定したのは「民主党」であり「菅直人であり、ソフトバンクの「孫正義」であることは言うまでもありません。

0 件のコメント:

コメントを投稿