Translate

2013年5月18日土曜日

国債の金利が上昇!!(素晴らしい)

【当たり前のこと】

現在の銀行は国債の受け取り金利と「ATMの利用手数料」で生計を立てています。

銀行本来の仕事は国民からお金(預金)を集めて企業お金を貸して手数料(金利)を受け取り、生計を立てているのが銀行なのです。

これが「銀行」というものです。
ですが、デフレ経済の為、どの企業も「お金」を借りてくれません。しかも国民はデフレ社会の影響で「へそくり」してまで「銀行」にお金を預ける始末。
今、銀行の大金庫の中には「使われていない現金が大量に眠っているのです。

我々国民が預金するという事は銀行の立場からみれば国民から「現金を預かる」いわば「借金」をしている事になります。







「お金を貸しているのはあなた。(国民)」
「お金を借りているのは(政府)なのです。」

なのに何故、「国民が政府の借金」を負担しなければならないのでしょう。

おかしいでしょう!!

【国債を売るということ】

国債を売って「株式」を買う。その方が利益が出るからこそ、銀行が国債を一斉に売り始めました。なので国債の長期金利がほんのちょっとだけ上昇しました。

政府が国債を買い取る」と言うことは政府の「借金」が減少すると言うことになります。

 それがどう問題なのでしょう!「民主党」さん! 「NHK」さん?

0 件のコメント:

コメントを投稿