Translate

2013年5月24日金曜日

選択を誤った!!?

【安倍総理は本当に正しい選択か?】

デフレからの脱却」をスローガンに国民は「安倍総理」を誕生させました。
長いこと苦しめられていた「デフレ経済」が「これで終わる」とほとんどの国民が信じてしまいました。

大胆な金融緩和」で株価は大幅に上昇し、「リーマンショック」以前の水準まで戻りました。
世の中に「明るい兆し」が見えてきたかのようです。

って、本当なの?!

は安倍総理のホームページ
に記されている画面です。
新しい自民党は「積極的な財政出動」、「国土強靭化」を武器に「デフレ脱却」を目指した政権である、と国民全て思いました。

ですが、安倍総理のHPには「国土強靭化」や「公共工事の充実」など一言も明記されていません。

規制緩和財政規律(財政再建)は書かれていますが・・・。(小泉竹中政権と同じじゃん!)

この結果、いち早く市場が反応し、安倍政権が1円も予算を執行していないにも関わらず株価が上昇し始め、「リフレ」重視の日銀総裁人事で「円」は円安に振れ、日経平均株価はついに15000円台まで戻しました。

「アベノミクスバンザイ!」と誰もが安倍政権の成功をたたえたものです。



『異次元金融緩和に市場は早くも混乱①』菊池英博 AJER2013.5.3(3)






『米国にある「日本財布論」①』菊池英博






『デフレを法制化させた小泉・竹中構造改革①』菊池英博





『デフレを法制化させた小泉・竹中構造改革②』菊池英博






(続きはプレミアムでご視聴下さい)

【菊池英博先生最高です】

エコノミストを格付けする」(東谷 暁著)
で堂々の一位を獲得した「菊池英博氏」のチャンネルアジャでの動画です。
この動画は5月17日に録画されたものですが、今回の株価の暴落を「予測」していました。
今回の株価暴落の裏には海外の「ヘッジファンド」が絡んでいます。だから予想もしない勢いで「株価」が上昇したのです。
日本の金融マネーは完全に「ヘッジファンド」のターゲットとなりました。

この動画の続きはチャンネル「アジャ」の有料サイト(月額1050円)で視聴出来ます。チャンネルアジャのプレミアム動画を全て視聴可能なので大変お得です。当然三橋貴明氏の動画も全て見ることができます。


特に「菊池英博教室は解りやすく、内容も充実しているので必見です。

小泉・竹中が何をしてきたか?
小泉・竹中政権が「デフレ」を誘導した!
アベノミクスの問題点?等々

などなど非常に解りやすく解説されています。

大胆な金融緩和」は失敗しました。

本当に「安倍晋三」を総理大臣にしてよかったのでしょうか?

1 件のコメント:

  1. 菊池英博先生は良いですね。自分はこの本を読みましたが、すごく面白く、勉強になりました。

    >講談社現代新書
    ニッポンヲホロボスショウヒゼイゾウゼイ
    日本を滅ぼす消費税増税
    著者: 菊池英博
    http://www.bookclub.kodansha.co.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=2881810

    やはり積極財政が必要ですね。国土強靭化をしないといけませんん。

    返信削除