Translate

2012年5月25日金曜日

電気自動車と民主党政権

【民主党が政権交代できた訳】

2年前民主党が自民党の麻生政権を打ち破った理由は組織票の移動があったからである。
 マスコミで騒がれたのは浮動票であった国民の意識が「自民党」から「民主党」に移行したためと言うのがマスコミの説明であるが、私はそう思っていない。

 それまで、自民党を支持していた勢力(自民党の支持層)がこぞって民主党を支持したからに他ならない。 自民党を見限った「支持団体」が「民主党」を支持した為である。

それは「誰なのか」?

石油業界」である。 
 
本来、石油業界は当時の保守党であった自民党を支持していた。 全ては「石油」で世の中が動いていたからである。

【オバマ大統領のグリーンニューディール政策】

 石油業界が自民党を見限ったのは米国のオバマ大統領の当選が影響している。
米国の民主党は原子力推進、電気自動車推進である。 共和党はブッシュ前大統領をみても分かる通り、石油業界支持政権である。

【世界中で電気自動車の流れ】

 今世界中で「電気自動車」の流れが生じている。
「電気自動車」はガソリン車よりも部品点数が少なく(変速機、混合気、エンジン、タンク等)圧倒的に低コストで生産出来る。
「電気自動車」は高いではないか?とお叱りを受けるかもしれないが、電気自動車の価格のほとんどがバッテリーの値段であり、さらに詳しく述べるとバッテリーの電極に使用される「コバルト」の価格である。今現在、このコバルトを使用しない新しい素材の開発が急ピッチで行われている。

【電気自動車の充電コスト】

 電気自動車のコストは1円/kmである。
20km/1Lのガソリン車と比較すると20円であり、現在のガソリン価格150円/lで換算すると
ガソリン車の13%となり圧倒的に安い。

【電気自動車が普及すると・・・】

 電気自動車が急速に普及すると石油業界(日石・出光等やガソリンスタンドなど)が職を奪われる。絶体絶命の危機だ。生き残りを賭けて何とかしなくてはならない!という焦りが「民主党支持」を実現した。だから「政権交代」できたのである。

【民主党議員に電気自動車という言葉は存在しない】

民主党議員から「電気自動車」という言葉を聞いたことがあるだろうか?

「燃料電池自動車」や「水素自動車」はよく耳にするが「電気自動車」はない。

それは民主党が「電気自動車」の普及を阻止するための政党だからである。

 電気自動車を普及させるためには安定的で大容量、安価な電力や高速道路のサービスエリアなどの急速充電ステーションのインフラ整備が不可欠となるが民主党政権では何も行われない。

【民主党は脱原発である】

未だに再稼働されない原発であるが、地震や津波の影響で止まったのは福島第一原発のみである。 あとは全て政治的判断で停止させられている。

原発が再稼働出来ないと「電気自動車」は存続出来ない。だから再稼働しないのである。

原発の再稼働に反対しているのは原発が危険だから反対しているのだろうか?それとも電気自動車の社会に反対しているのだろうか?

原発のある市町村では再稼働に賛成を表明しているが、実際に反対しているのは原発から遥かに遠い地域の人間がほとんどである。

夏に停電する可能性は濃厚になってきた。
その経済的損失は甚大であるが誰が保証するのか?何もしないで夏を乗り切ろうとしている「民主党政権」に政権は任されない。

全国にある原発は正常に定期検査を行うために停止しているだけである。それを石油業界の利益のためだけに再稼働しないというのであれば問題である。




電気自動車と民主党政権の話は一回で書き尽くすことが出来ないのでいずれまた日を改めて書くとする。




次回は雰囲気を変えて「デフレ社会で何故か成長するコンビニ業界」を書く予定です。
 






0 件のコメント:

コメントを投稿