Translate

2015年3月6日金曜日

,

【加速する電気自動車】
2014年末発売されたトヨタの「ミライ」(水素自動車)が「携帯」と同じように「ガラパゴス化」の運命に近づいています。
日本国内では「水素社会」実現に向けて様々な施策を行っていますが、世界
各国は「水素」など目もくれません。
「水素」が出来ても部屋の中を「明るく」事は出来ません。「パン」を焼くことすら出来ないのです。それらを実現するのは「電気」なのです。インフラの整っていない「開発途上国」はまず最初に行うのが「電気」を作り出すことなのです。

【トヨタが、日本政府が頑張れば頑張るほど・・・。】
トヨタが「頑張れば頑張る」ほど世界中の自動車メーカーの「電気自動車化」が加速します。

BMW,フォルクスワーゲン、ポルシェ、GM、テスラモーターズ、日産、三菱、Audi、フォードすべてのメーカーが「電気自動車」の開発に着手しています。しか
「アップル」も電気自動車の生産・販売に乗り出す予定です。
20年後は電気自動車のシェアは50%とも言われています。

日本だけが国民の大切な税金を大量に投入して「ガラパゴス水素自動車」を送り出そうとしています。

ガソリンスタンドの皆さん「何億円」も借金して建てた「水素スタンド」にたたずみ、行き交う「電気自動車」を眺めているだけの姿を想像してください!!



0 件のコメント:

コメントを投稿